人気の特集

749円 【サイズ交換OK】 ミスディオール ブルーミングブーケ ミニボトル
749円 【サイズ交換OK】 ミスディオール ブルーミングブーケ ミニボトル
Reviews: 4.6 - "1" by, に書かれています
実際に使用したのはリアブレーキ部分のみ。F/Rシフトにも使いたかったもののBB下のケーブルライナーでつっかえる。実物を見たのはこれが初めてだったけど釣り具用の蛍光パイプやゴム管なんか流用できそうな感じ。チューブライナーよりも細くて曲がるので探してみたい。
4 - "2" by, に書かれています
息子の18インチのスポーツタイプの自転車を妹用にするためアイボリーに塗装し、イスもスポーティだったのでこちらに変えました。少し見た目が自転車に対して大きいような気がしますが、おしゃれな雰囲気になったので満足です。子供も座りやすいようです。買ったばかりなので耐久性は分かりませんが。
5 - "3" by, に書かれています
まず、組み立てた後に空気を入れタイヤを回すと(乗らずにほんとただ回しただけ)後輪がパンク。元々調整等はお店でやってもらうつもりだったので、某有名チェーン店で3000円で一式点検をしてもらった。すると数日後電話が、、、後輪のパンクの原因がリムテープが細すぎることによりニップルが当たってパンクしていたらしい。そして前輪も同じくそれが原因でパンクとの事。もろもろ交換してもらい結局9000円ちかくかかってしまった。さらにはブレーキの固定が緩いとの事。できるだけ絞めてくれたそうだが、調べてみるとハンドルバーがブレーキの対応している径より一ミリ程細かったらしい。とりあえず、解消するにはバー自体を交換しなければいけなくなるので、完全に固定されていないわけではないしこのまま様子を見てみるのもひとつですとアドバイスされたのでしばらくはこれで乗ってみますが、危険そうならバーの交換もしなければなりません。この自転車を乗れるようにするには仮に自分で調整等して点検料がかからなかったとしても、部品代だけで+数千から一万の出費は必要だともいます。自転車のかたちはしているが、そのままでは自転車として乗ることすら出来ない、最低の商品です。あと、箱を一度開けて梱包し直しているような形跡がありましたので、輸入業者の方で最低限の点検等したのかと思っていたのですが違ったみたいです。いったいなんのために箱を開けたのか疑問です。
1 - "4" by, に書かれています
シャフトに入りにくいのは皆さんのプレビューで覚悟していましたが、予想通り入りませんでした。それよりもペダル側ギヤとの隙間なく、テンショナギヤをいっぱい広げても入りません。購入検討中の方は考えた方が良いでしょう。包装袋をキレイに開封しなかった場合、返品可能でしょうか?
1 - "5" by, に書かれています
使っていたサドルが劣化で破れてしまったので同じような商品をさがしあてて購入しました。ブリジストンなのに、この商品に関してはサドルの耐久性が悪いと思います。耐久性よりデザイン性を優先して購入に至りました。
4 - "6" by, に書かれています
前カゴ?フルフェンダー?ナット締めキックスタンド、3つの神器を備えたシティサイクルのドロハン化に使用。皆様が仰る通り、下ハンを水平にしようとするとリーチが若干短いです。ただ幅420mmにしたお陰か、上ハンが使いやすかったですね。これはこれでアリ。
4 - "7" by, に書かれています
↑の方のレビューがかなり参考になると思います。当方のレビューは追加の情報としてご覧下さい。《購入した理由》1.娘の通学用 片道5km弱 長い登り坂あり。2.2階まで自転車の持ち運びが必要。→軽量が必須気になった点1.自転車を漕いでいない時のチェーンの音が大きい。→オイルをさせば解決?2.荷台が必要になり、GIC社のオリジナルブランド ベロラインを購入したが、まさかの取り付け不可。ポール径が通常より太い33.9mmあり、結局、 ギザプロダクツ社の商品を見つけて解決。※ベロラインのフロントカゴは取り付け出来た。良かった点1.娘はミニベロを欲しがっていたので満足している。小柄な娘でも乗り降りしやすい。2.折り畳むと軽自動車の助手席や後部座席にも乗せられます!雨降りや夜間など自転車ごとお迎えが可能で、この点が最大の魅力です。我が家の住宅事情に適した自転車を選べました。追記長い登り坂ではアシスト力が弱く感じるようです。約1キロある坂道だと疲れてしまうとのこと。坂道が多い方は購入控えた方がいいかもしれません。
3 - "8" by, に書かれています
最初は2人で交換。1人でも交換可能か?やってみたら出来ました。片方を自転車タイヤレバーを挟んで固定し、片方を長さのある棒を挟み(私はマイナスドライバー)はめ込んでいきました。動かす方は力を入れるので長さがないと厳しいです。どちらも素材を傷つけない丸みがある細めの金属棒なのがポイントです。感覚的には挟んだ棒をただ手前に引いていく感じです。引かれる事で勝手にテープがはまっていきます。空気穴がどうしても少しズレるので。ズレが直る方向にタイヤレバー(細い丸い棒)を挟み込んで一周すると少しだけ位置が修正されるのでズレに応じて何周か回せばOK。私は重さとかあまり気にしないので古いテープはそのままで2重巻きにしてみました。皆さん書いてるように収縮性はギリギリですテープは温めないで。暖房のきいた室内で作業しました。
4 - "9" by, に書かれています
無理やり収納した感じでスチールのケースが反ってる。よって、プラスチックカバーがはまっていない。重いし、携帯用としては大きすぎ。
1 -

BOOTHに作品を出品しよう!

BOOTHなら、販売手数料0円、たったの10分
ネット通販をはじめられます!

もっとくわしく